Mech-Mindがセコイア・キャピタル・チャイナファンドの1億元を超えるBラウンド増資を取得、カスタマーサービス能力をさらに成長させる

Mech-Mind Robotics(梅卡曼德機器人)は、セコイア・キャピタル・チャイナファンドがリードインベスターとなるBラウンド主力増資を完了し、その投資額は1億元を超えることを正式に発表した。「奇跡資本」が、今回の増資における独占的なファイナンシャルアドバイザーを務めている。今回の増資による資金で、Mech-Mindはさらに研究開発・国内外の顧客に対するサービス能力を成長させ、顧客により良い製品とサービスを提供していく。 

Mech-Mind Roboticsは、産業用ロボットのAI知能化ソリューションの研究開発を専門的に行っている。これまでに、3Dカメラ、ビジョンAIアルゴリズム、ロボットのモーション計画アルゴリズム、大規模化展開がしやすいソフトウェアなど、完全なAI+産業用ロボットの核心技術能力を形成してきた。ダンボール/麻袋のデパレタイジング、パレタイジング、部品供給、電気機器の組立、医薬品物流、金庫運搬、タイヤ装着、物流仕分け、接着剤塗布等の応用シーンにおいて、Mech-Mindはこれまでに多くの実用事例を積み重ねており、現在では大規模化応用段階に移行している。

Mech-Mindは「フォーカス、オープン、Win-Win」を堅持し、インテグレータ、本体メーカー、立体倉庫、AGV等の提携パートナーにその技術能力を全面的にオープンすることで、誠心誠意なサービスを行っている。

Mech-Mindがセコイア・キャピタル・チャイナファンドの1億元を超えるBラウンド増資を取得、カスタマーサービス能力をさらに成長させる

Mech-Mind Roboticsは、2019年にQiming Venture Partners、Intel Capitalのファンドを相次いで取得し、それ以前にはさらにDelian Capital、China Growth Capital、Galileo Capital等の機構のファンドも取得している。

梅卡曼德获得红杉资本中国基金过亿元B轮投资,进一步提升客户服务能力

可視化、コードなしのプログラミングインターフェースで、ワンクリックシミュレーション。ユーザーがコードを編集する必要がなく、すぐにロボット操作の習得が可能。

梅卡曼德获得红杉资本中国基金过亿元B轮投资,进一步提升客户服务能力

Mech-Eye Enhancedシリーズの3Dカメラは各種物体(黒い色、ある程度金属光沢のある物体等を含む)に対して高品質のRGB-D図を出力できるため、様々な工業および学術研究分野の応用シーンに適している。

梅卡曼德获得红杉资本中国基金过亿元B轮投资,进一步提升客户服务能力

大量のSKUピッキングソリューションでは、事前登録が必要なく、すぐに新しい商品に対応可能。

梅卡曼德获得红杉资本中国基金过亿元B轮投资,进一步提升客户服务能力

梅卡曼德获得红杉资本中国基金过亿元B轮投资,进一步提升客户服务能力

2019年に東京で行われた国際ロボット展、iREXにおいて、Mech-Mindは独立参加としては最大規模の中国企業であった。

2019年、Mech-Mindは7か国の100を超える顧客に対してサービスを行った。主な顧客は製造業や物流業であり、そのうち自動車、家電、倉庫保管、宅配便、鉄鋼、重機等の領域の代表的企業も少なくない。現在、Mech-Mindグループの規模は150人を超え、本社を北京と上海に置き、深センとドイツ・ミュンヘンに支社を設立、日本支社も現在準備中である。

Mech-Mindは今後もAI+ロボットの核心技術の開拓を続けながらサービス能力を成長させ、顧客により高性能、適切な価格の製品、より高品質なサービスを提供することを目指している。

Mech-Mindは現在、春季採用募集を積極的に実施中

拉勾網、BOSS、猟聘、実習僧にログインして「Mech-Mind」と検索し、希望の職種情報を探して経歴書を送ることで、HRがすぐにご連絡いたします。Mech-Mindはすでに全面的に操業を再開しています。ビジネスの場合はお客様のマッチングセールスにご連絡するか、「お問い合わせ」をクリックして必要項目を入力してください。当社からすぐにご連絡いたします